読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5日前から大学の助手バイトをしていて、ほぼ毎朝6時に起きるっていう早起き生活で多少は人並みの生活をしてる。

おとといの勤務終わりにそのまま就活エントリー用の証明写真を撮るために1度家に戻って、ほぼ3年ぶりにスーツを上だけ着て地元の駅に向かう。なんとなくスーツで地元を歩きたくなかったからシャツとネクタイの上からジャケット着てスーツはリュックに入れる。写真機の中でスーツを着て無機質な音声指示に従って背を伸ばして写真を撮るとき、「あ、自分就職するんだ...」と改めて思った。

エントリー締め切りが近いのもあって某テレビ局の編集・CGデジタルクリエイティブのエントリーシートを書いてるうちに、これで良いのか?という疑問が段々強くなってきて、誰かが言ってた3年続けられるか?を考えると別にそれほどしたくないと思って辞める。高校時代から好きな映画を製作してる会社でエントリー募集してるからそこのエントリーを書いている。

この文章打ってるとき「書く」と「描く」が混在しそうになるたびこれから「書く」と書く事が増えるのかと不安になる。がっつりペインターでは無いけれどそれは重要な事だろうな。

春休みになって、最近よく本を読むようになったし買うようになった。今月だけで漫画とか借りてるのも含めて10冊くらいは読んでる。普段読んでも月に1冊あるか無いかとかくらいでこんなに読むのは自分でも驚いてる。特に理由とかは無いけれどちゃんと必要があって読めてる。それがちゃんと身になってるかは分からないけど。

制作はiPhoneでドローイングを描いて気に入ったのとか思いつきで色々作ってはいる。完成させるってより今は整理する感じて制作してる。なるべくパソコンで凝ったこととかはやめて作ってるけど、ラベル作ったりとかちょっとした所で使ってる。毎年この時期にやる春ニカ祭もまだ発表がないから今年はないのかもしれない。それでもkorgのVolca sample をベットまで引っ張ってスケッチ感覚で音を弄る。

あと関係ないけど同性と話す事が今までちゃんと無かった気がする。怖いとまではいかないけれど何処か避けていたのかもしれない。その理由も考えてるけどイマイチ分からない。というか考えないようにしているのだけどトラウマなのかもしれない

取り敢えずバイト代入ったらどうするか考えよう。